EPA(米国環境保護庁)のサイトから最新情報を日本語で紹介します。
中心となるサイトは 
http://www.clu-in.org です。
       @技術選択ツール   A技術販売者と開発者支援   B汚染地域   C技術の評価

       
D他の改善方策へのリンク
       @技術選択ツール(Technology Selection Tools)
●修復技術選別表
  修復技術選別表は、改良プロジェクトのための技術を選別する、利用者に適したツールである。この表に
  よって、土壌あるいは地下水のいずれの改善にも有効な64の原位置あるいは原位置外の技術を選別
  することを可能にする。選別に使われる変数は、汚染物質、開発状況、全費用と浄化時間を含む。各々の
  技術に関する連邦改善技術円卓会議のメンバーによって書かれる209以上のコストとパフォーマンス報告
  への直接のリンクを含む深度に関する情報もまた利用できる。
●EPA REACH IT
  この新しいオンライン・データベースは、250以上の会社によって提供される370以上の処理技術に関する
  情報を含む。140以上の生物学的、75の物理的、75の熱学的および65の化学的技術を含む5つの主要な
  汚染物質グループ(VOCs、SVOCs、燃料、無機物と爆薬)のための処理技術の選択肢がある。REACH ITは
  また、スーパーファンド、RCRAおよびその他の連邦機関によって実施された900の改善プロジェクトによる
  更新された情報を含む。これらのいずれの柔軟な検索オプションのデータセットも技術、汚染物質、媒体、
  現場名あるいはこれらの組み合わせによる質問を含む。
●フィールド検索システム(BFSS)の中のバイオによる修復
  BFSSは、バイオによる修復をテスト中、実行中または完了されたアメリカ合衆国およびカナダでの廃棄物
  現場に関する情報のデータベースを提供するパソコン用のソフト製品である。BFSSは、利用者が電子的に
  データベースを検索して、特定の種類のバイオによる修復現場に関するデータを見て、選別された情報の
  報告書を印刷できるようにする。BFSSは、現在、全国的に、そして、国際的に450以上のバイオによる修復
  現場に関する情報への電子アクセスを提供する。データベースは、全面的な改善事業、処理可能性と実行
  可能性研究に及ぶ。
●EPA汚染地域技術支援センター
  EPAの技術革新計画によって調整されて、汚染地域技術支援センターは、汚染地域の意思決定者が彼らの
  現場に情報に基づいた「かっこいい」技術決定を作るために利用できるすべての技術を把握している。汚染
  地域センターは、公平な評価のためのすぐにアクセスできる資源と特定の現場に関連するオプションに
  関する支援情報を提供する。センターはまた、技術を指向する再検討プロセスをこれらの現場の調査と
  浄化計画のために用意する。プロジェクトはまた、他の利用可能な支持活動(例えば、5つの地域の危険
  物質調査に位置する計画を中心とする(TAB)計画によって行われる技術協力に関する事前情報を提供する。
●aboutREMENDIATION.com
  aboutREMENDIATION.comは、600以上の修復技術に関する技術的なおよびプロジェクト情報を
  提供するインターネット修復技術目録を含む。aboutREMENDIATION.comの加入者は、技術説明、
  プロジェクトデータと結果技術内容および費用情報にオンラインでアクセスすることができる。about
  REMENDIATION.com(ブラウザ、キーワードまたは問題解答者を通して捜される)は、加入者に特定の
  現場規格に適した技術を見出すことを可能にする。
●環境と技術Tech Knowデータベースの世界的なネットワーク(GNET)
  TechKnowは、複数の部門手順を統合することによって、汚染物質グループ、影響を受けた媒体および他の
  キーワードを含む目標検索能力を提供する。


       A技術販売者と開発者支援(Technology Vendor and Developer Support)
●CLU-IN販売者支援
  販売者支援分野は、技術開発者・販売者に、ベンチスケールから商業化までの製品開発のあらゆる段階を
  通じて進歩した技術援助するツールを提供する。その物資としては、ビジネス計画、マーケッティング、融資
  および技術支給や源を含む広範囲のトピックスをカバーする。


       B汚染地域(Brownfields)
●汚染地域調査と浄化のための革新的な技術選定を理解するためのロードマップ
  資料ダウンロード(2.51MB)
  このロードマップは、再開発に予定される現場の浄化における手順の一般的に適用できる概要を提供し、
  革新的な技術選択と利用可能な方策の範囲を汚染地域保有者に紹介する。このロードマップは、公共事業、
  私的開発か、公私共同開発かに関係なく、汚染現場の再開発に関係しているか、影響を受ける広範囲に
  わたる土地保有者に、価値ある情報を提供する。第三版は、91の新しくて更新された方策、簡単な150の
  方策リストを容易に検索する文書と汚染現場で影響を与えている技術の話題に関する1ページの注目部分
  の論議文書に参照されているものを含む。この話題は、技術受け入れの鍵、現場調査の流れおよび浄化
  決定、そしてデータの質と例のための「三つ組」アプローチの利用を含む。
●EPA汚染現場技術支援センター
  EPAの技術革新計画のもと、汚染現場技術支援センターは、汚染現場の責任者がその現場に情報が
  もたらされる、あるいは「スマート」な技術決定を行うのに可能な広範囲の技術を知ることができることを
  明示する。汚染現場技術支援センターは、特定の現場に関連した選択に関して、偏見のない評価と支援
  情報のためのすぐに近づきやすい方策を準備する。このセンターはまた、これらの現場のための調査と
  浄化のための技術に立脚した再検討手段を提供する。この事業はまた、5の地域の危険物質研究センター
  にある汚染現場技術支援計画(TAB)によって実施された他の可能な支援活動に関する情報も提供する。
●Brownfieldstech.org
  このサイトは、デモンストレーション、普及と革新的な汚染現場特性と改善技術に焦点をあてる。その目標は、
  汚染現場再開発に関連する、地方政府の効率上昇とコスト低減を援助することである。
●汚染現場共同体への技術協力(TAB)
  TABは、コミュニティが損害を受けるか、環境汚染によって過小評価された資産を浄化して、再開発するの
  を助ける。これらの努力の目的は、より良い仕事を作り、地方税ベースを増やして、周辺環境を改善して、
  全体的な生活の質を強化することである。TAB援助のための主な聴衆は、共同体グループ、地方の当局、
  開発者および第二の聴衆からなる貸与可能な機関をもつリーダーである。
●EPA汚染現場イニシアティブ
  EPAの汚染現場イニシアティブは、汚染現場の防止、評価、安全な浄化および持続可能な再利用のための
  タイムリーな方法で共同して経済発展において、州、共同体、その他の土地保有者に公的な権限を与える。


       C技術の詳細(Technology Description)
●革新的な修復技術:北米野外規模実証プロジェクト(第2版) 資料ダウンロード(535KB)
  EPA出版の北米革新技術野外実証プロジェクトの改訂と拡張、新しい資料によるプロジェクト情報は、
  現在オンラインで利用できる。革新的な改善技術の進行中あるいは完了した野外実証に関する危険な
  廃棄物改善市場に新技術をもたらすために、民間技術開発者と協力して働いている政府機関によって
  支援された検索可能なデータベース技術。
●修復技術選別表
  修復技術選別表は、修復プロジェクトのための技術を選択する利用者に便利なツールである。その表は、
  土壌あるいは地下水改善のための64の原位置あるいは原位置外の技術を通して選択できる。篩い分けに
  使われる変数は、汚染物質、開発状態、全費用と浄化時間を含む。各々の技術に関する深さはまた、連邦
  改善技術円卓会議のメンバーによって書かれた209以上のコストと成果報告への直接リンクを含め、利用
  可能である。
●化学酸化現場のプロフィール
  地下水および土壌中塩素系溶媒、石油製品そして農薬複合化合物を処理するための完了した、あるいは
  進行中の原位置化学酸化技術の適用に関する情報は、このウェブサイトにおいて得られる。この情報は、
  問い合わせ先、参考文献と同様、関連した現場情報、汚染物質と媒介物技術設計と操業、費用および効果
  をまとめたプロジェクトプロフィールとして提供される。
●埋め立て地被覆代替プロジェクトのプロフィール
  提案され、試験され、あるいは採用された埋め立て地被覆代替プロジェクトに関する情報は、このウェブ
  サイトにおいて得られる。提案されている埋め立て地被覆代替(案)は、廃棄物への水の浸透を最小にする
  ための水平衡の原則を取り扱う設計概念を含む。はじめに、このウェブサイトに含まれる2種類の埋め立て
  地被覆代替(案)は、蒸発散(ET)被覆および毛細管防護被覆である。これらのプロジェクトのための情報は、
  関連した現場の背景:問い合わせ先、参考文献と同様、被覆設計情報:モニタリングと効果結果をまとめる
  被覆プロフィールとして提供される。大部分の被覆プロジェクトは、実証(試験)である。しかし、いくつかは
  操業規模の適用である。
●スーパーファンド浄化技術
  土壌、地下水とスーパーファンド・サイトの他のメディア用の処置技術・アプリケーションの検索可能な
  データベース。このデータベースにある情報は、スーパーファンド決定文書およびスーパーファンド処理・
  除去現場のプロジェクトマネージャから集められた。それは、原因制御技術(土壌、ヘドロ、沈殿物、および
  他の固形廃棄物を対象とした)、革新的な(原位置)地下水処置技術ならびに表面防護地下水処理技術
  (垂直設計されたバリア)に関する情報を含む。データベースは、現場名、現場識別番号(CERCLIS ID)、
  状態、技術タイプ、汚染物質と媒介手段で検索可能である。
●革新的な処理技術速報
  Technology News and Trendsは、土壌、底質ならびに地下水の特質と処置のための革新的な原位置
  技術に関する項目の組み合わせを特徴とする環境専門家のための速報である。
  Tech Trends(2002年7月現在、Technology News and Trendsと置き換えられた)は、現場で適用
  された革新的な汚染源管理技術の詳細と効果に関する資料を提供する速報である。
  Ground Water Currents(2002年7月現在、Technology News and Trendsと置き換えられた)は、
  開発と実証、新しい規制、協議会および出版を含む革新的な地下水処置技術に関する情報を提供する。
●浄化方法に関する市民のガイド
  市民のガイドは、基本的な用語で、最も頻繁に使われる革新的な処理技術の操業と適用を説明する2ページ
  のデータ表である。各々のガイドには、英語とスペイン語の版があり、以下のガイドが利用できることに注目:
  ・活性炭処理 資料ダウンロード(532KB) ・空気溶離 資料ダウンロード(529KB)
  ・生物処理 資料ダウンロード(1.46MB) ・被覆 資料ダウンロード(526KB)
  ・化学ハロゲン除去 資料ダウンロード(73KB) ・化学酸化 資料ダウンロード(172KB)
  ・土壌掘削 資料ダウンロード(530KB) ・断裂法 資料ダウンロード(73KB)
  ・原位置洗浄 資料ダウンロード(88KB) ・原位置熱処理 資料ダウンロード(101KB)
  ・瑕焼 資料ダウンロード(521KB) ・監視しながらの自然減衰 資料ダウンロード(91KB)
  ・浸透反応保護植物処理 資料ダウンロード(88KB) ・汲み上げ処理 資料ダウンロード(526KB)
  ・土壌蒸気抽出および空気吹き込み 資料ダウンロード(80KB) ・土壌洗浄 資料ダウンロード(76KB) 
  ・固化/安定化 資料ダウンロード(527KB) ・溶媒抽出 資料ダウンロード(77KB) 
  ・加熱溶離 資料ダウンロード(65KB) ・ガラス固化 資料ダウンロード(522KB)
●亀裂基盤の重点地域
  アメリカ環境保護局(USEPA)の技術革新プログラム(TIP)は、汚染された亀裂岩の現場を特定して、改善する
  努力に関する情報を集めている。われわれのゴールは、そのような現場における汚染問題の特質と広がり、
  現場評価と改善努力に影響を及ぼしている地質学、実施もしくは計画されている特徴描写と改善アクション、
  そしてこれらの技術を使用することに現在関係している各組織間の連絡を公にするための現場に密着した
  情報を蓄積する一連の簡潔な現場プロフィールを確立することである。
●WASTECHプロジェクト
  WASTECHプロジェクトは、危険な廃棄物(貯蔵)現場、汚染された土壌および地下水の 改善のため、権威の
  あるコンセンサスに基づく工学モノグラフを作り出した。WASTECHは、EPA、国防総省、DOEと環境技術者
  アメリカ学会(AAEE)によって、資金が供給されている。モノグラフのコピーは、AAEE(410)266-3390に
  電話するか、(410)266-7653でAAEEに必要事項を記入した注文書(あなたのリンクからPDFフォーマット
  でダウンロードできる)をファクスすることによって購入できる。
●MTBE処理プロフィール
  MTBE処理プロフィールは、飲料水、地下水および土壌にMTBEを処置するためのメチル・ターシャリー・
  ブチル・エーテル(MTBE)処理が完了した、あるいは進行中の適用(例)に関する原位置および原位置外
  技術を使用している現場を詳述することによって、汚染された現場で、飲料水と媒体にMTBEを処理する
  ための情報を提供する。プロフィールの焦点がMTBEの現場処理にあるが、これらのサイトの一部も
  ベンゼン、トルエン、エチルベンゼンとキシレン(BTEX)、他の酸化物、例えばターシャリー・ブチル・
  アルコール(TBA)、あるいは他の塩素化溶剤または多循環芳香族炭化水素のような合成物酸素剤で汚染
  されて、MTBE処理プロフィールは、問合せ先および参考文献と同時に、関連したサイト情報、汚染物質と
  媒体、技術設計と操業そして費用と効果の概要を提供する。技術(原位置および原位置外の両方)は、
  プロフィールに含めて、以下を提供する:空気吹き込み、生物浄化、飲料水処理、化学酸化、多相抽出、
  植物適用浄化、汲み上げ処理および土蒸気抽出。
●技術焦点
  あなたが特定の技術に関する情報を必要とするならば、ツールがあなたの調査時間を短くするためのツール
  がCLU-INにある。技術焦点セクションを通して、CLU-INは改善技術に関して、最も関連した編集された
  情報源を提供する。これらの(情報)源は、彼らの各自との総括とそれぞれの直接のつながりを持った
  各々の技術(例えば、技術詳述、適用、設計工学/調整ガイダンス、訓練と参照)のために、5つのカテゴリー
  の下で示される。技術は、確立した(SVE)ものから革新的なもの(Phytoremediation)までにわたる。
●原位置熱処理現場プロフィール・データベース
  原位置熱処理現場プロフィール・データベースは、インターネット上でまたは米国環境保護局(EPA)を通して
  手に入る原位置熱処理プロジェクトに関する情報を提供する。
●連邦改善技術円卓会議事例
  連邦改善技術円卓会議は、革新的な改善技術の利用を図るために、仲介機関協力を促進する連邦政府の
  努力の最前線にある。コストとパフォーマンス報告は、完了した全面的な危険廃棄物改善プロジェクトの
  結果報告のための推薦された手順を提供する。円卓加盟機関は、米国環境保護局(EPA)、国防総省(DOD)、
  米国エネルギー省(DOE)および米国内務省(DOI)を含む。、
●米国軍環境センター(USAEC)
  USAEC技術リングは、軍によって多数実行された革新的な技術実証の報告書へのアクセスを提供する。


       D他の改善方策へのリンク(Links to Other Remediation Resources)
●EPA REACH IT
  この新しいオンライン・データベースは、250以上の会社によって提供される370以上の処理技術に関する
  情報を含む。140以上の生物学的、75の物理的、75の熱学的および65の化学的技術を含む5つの
  主要な汚染物質グループ(VOCs、SVOCs、燃料、無機物と爆薬)のための処理技術の選択肢がある。
  REACH ITはまた、スーパーファンド、RCRAおよびその他の連邦機関によって実施された900の改善
  プロジェクトによる更新された情報を含む。これらのいずれの柔軟な検索オプションのデータセットも技術、
  汚染物質、媒体、現場名あるいはこれらの組み合わせによる質問を含む。
●連邦改善技術円卓会議
  円卓会議の任務は、危険な廃棄物現場の改善のために、革新的な技術の開発とデモンストレーションに
  関する共同活動のための情報交換およびフォーラムを用意することである。この交換は、連邦機関がより
  包括的な成果とコストの記録の集積および提供としての技術知識をシステム化する。メンバーは、主たる
  開発者とこれらの技術の利用者を含む:米国国防総省、米国陸軍技術集団、米国海軍、米国空軍、
  米国エネルギー省、内務省および環境保護局
●EPA汚染地域技術支援センター
  EPAの技術革新計画によって調整された汚染地域技術支援センターは、汚染地域の意思決定者が彼らの
  現場に情報に基づいた「かっこいい」技術決定を作るために利用できるすべての技術を把握している。
  汚染地域センターは、公平な評価のためのすぐにアクセスできる資源と特定の現場に関連するオプション
  に関する支援情報を提供する。センターはまた、技術を指向する再検討プロセスをこれらの現場の調査と
  浄化計画のために用意する。プロジェクトはまた、他の利用可能な支持活動(例えば、5つの地域の危険物質
  調査に位置する計画を中心とする(TAB)計画によって行われる技術協力に関する事前情報を提供する。
●改善技術開発フォーラム(RTDF)
  米国EPAの技術革新計画と相互の危険な廃棄物の問題の革新的な解答を見つける際に、社会と民間部門
  の間で協力を促進する研究開発事務所によって確立させた。RTDFは、産業、政府と学会からなるパートナー
  のコンソーシアムとなった。パートナーはより効果的で、より少ないコストの危険な廃棄物の分類と処理技術
  を開発する共通の目標を共有する。
●地下水改善技術分析センター(GWRTAC)
  地下水改善技術分析センター(GWRTAC)は、地下水改善に関する情報の収集と分析のための焦点である。
●Brownfieldstech.org
  このサイトは、デモンストレーション、普及と革新的な汚染地域分類と改善技術の展開に焦点を置く。
  その目標は、地方政府が汚染地域再開発に関連する効率の上昇とコスト低減を支援することである。
●エネルギー省(DOE)の好ましい代替案選択表
  好ましい代替案選択表(PAM)は技術手段を選ぶとき、商業規模の実行を決定して、現場要素のための
  ツールを用意するためのエネルギー省(DOE)の環境回復事務所(EM‐40)の成果である。この成果の目標
  は、「正しい技術、正しい時期に、適切な現場に」実施することである。
●米国EPA技術支援プロジェクト
  地域の改善プロジェクト・マネージャーに技術協力と現場調整員を提供する。補正実行スタッフプロジェクト
  は、地域、フォーラムのネットワークとORDおよび放射計画事務所(ORP)研究所にある専門技術支援センター
  およびOSWERの環境の反応チームから成る。
●地下水改善プロジェクト・カナダの国家環境水研究所
  地下水改善プロジェクト(GWRP)は、カナダの地下水資源の持続性と改善に関する多岐にわたる調査計画
  を実行する。既存の地下水汚染を孤立させて回復する新しいテクニックが開発されている。調査は、また
  地下水によって演じられる役割について、地域の水予算内で実行される。
●中毒性物質水文調査計画
  毒性物質水文調査計画は、人間と環境の健康を保護し、将来の汚染問題の可能性を減らすために、計画
  汚染現場の特性を改善し、管理する科学目的的な情報を提供する。
●米国EPAスーパーファンド革新技術評価(SITE)計画
  米国環境保護局スーパーファンド革新技術評価(SITE)計画は、代替案であるか革新的な処理技術調査と
  デモンストレーション・計画の必要を認めた1986のスーパーファンド修正条項と再公認法に応じて確立
  された。そのSITEデモンストレーション計画は、危険な廃棄物現場の改善とモニタリングおよび測定のため
  に革新的な処理技術の開発と実施を促す。
●米国有害廃棄物リサーチセンターの技術軍団
  米国陸軍技術水路試験場(WES)は、軍および一般市民の現場で危険な廃棄物の浄化のための技術の開発
  で主な役割を演じている。基本的で適用された研究成果は、会計年度1988に開設されたわれわれの危険
  廃棄物調査センター(HWRC)を通して調整される。
●硝酸塩に基づく生物適用浄化(バイオによる修復)ホームページ
  燃料・汚染された帯水層の生物適用浄化のための交代電子受容基としての硝酸塩の使用に関するEPAの
  カー(Kerr)研究所地表下保護改善部の調査計画の概要を提供する。このウェブサイトは、10年以上の期間
  にわたって実施された硝酸塩に基づく生物浄化の研究所と現場活動の両方を詳述している他のいくつかの
  ファイルとつながっており、個々の調査プロジェクト、データ図形、写真、出版された論文と報告書の要約、
  追加未発表資料と調査参考文献の概要を提供する。
●米国陸軍環境センター
  米国陸軍環境センター(USAEC)は、過去30年以上にわたって、環境の責任において、世界のリーダーとして
  の軍の広がる役割を支えて来た。このセンターは、静かな環境世話役を以って、軍の覚悟と生活質とを
  均衡させるための兵士、任命と命令を許容する知識、手段と計画を提供する。
●国防環境ネットワーク情報交換(DENIX)
  国防環境ネットワーク情報交換(DENIX)は、環境、安全性と職業の健康ニュース、政策、ガイダンスの普及
  のために世界的な国防総省の活動の範囲内で国防任務を支持して、中央プラットフォームとして奉仕する。
●底質調査ウェブ
  底質(沈殿物)調査ウェブは、汚染された底質の管理と浄化に関する改善を促進するために計測された
  オンライン共同体である。このサイトは、危険物質調査センターの米国環境保護局によって設立されて
  支援されている5年コンソーシアムである、南および南西地域が後援する。
●汚染地域共同体技術協力(TAB)
  TABは、コミュニティが損害を受けるか、環境汚染によって過小評価された資産を浄化して、再開発するの
  を助ける。これらの活動の目的は、より良い仕事を作り、地方税基準を増やし、周辺環境を改善して、
  全体的な生活の質を強化することである。TAB援助のための主な聴衆は、共同体グループ、地方政府当局、
  開発者と第二の聴衆からなる提供できる機関を持つリーダーである。
●地表下の汚染物質焦点域
  99のためのDOEの地表下土壌汚染物質焦点域は、濃非帯水層液体改善(DNAPL)と金属および放射性
  核種改善(MRR)である。技術情報はまた、技術の、次いで後年生産ラインの下で見つけられるであろう。
●国家地下水協会(NGWA)
  国家地下水協会(NGWA)の任務は、地下水業界の、そして保護、進展と信頼性ある開発および地下水資源
  の利用における進歩において、専門的で技術的なリーダーシップを提供することである。
●米国エネルギー省、科学技術事務所
  科学技術事務所の任務は、EM浄化と長期の環境後見問題のために、完全に開発され、展開可能な科学的
  で技術的解決の提供と支援が必要な技術支援のために、基礎研究から開発まで、そして、デモンストレー
  ションと展開から技術協力までの全範囲の科学的で技術的資産と能力を提供することである。
●大気および廃棄物管理協会
  国際的環境組織
●DOE技術情報交換
  最も便利で試験された商用技術の、そして、それらが不足しているとき、適切な新しいか修正された技術の
  発展と適用を育てることによる迅速で効率的な適用を進める。
●DOE環境管理事務所(EM)
  環境管理事務所は、政策開発計画とガイダンスを不活発な廃棄物現場と施設の評価と浄化のために提供し、
  環境の技術を開発して実行する。各種米国エネルギー省計画から環境の回復への汚染された施設の移行
  を監督する。
●海軍施設技術支援センター
  工学、設計、建設、コンサルティング、試験と評価、技術導入および管理支援を通しての問題の解答を提供
  する。このNFESCは、顧客の効果と効率を強化するための技術を倍加する。NFESCは、海軍と海兵隊
  需要に適合する要求されるとき、研究開発を実行する。
●エームズ(Ames)研究所環境技術開発
  エームズ研究所の環境と保護科学計画は、より速く、より安全で、より良いあるいはより安い技術的解決策を
  必要とする改善問題に対応する危険廃棄物を浄化するための米国エネルギー省イニシアティブの部署である。
●カリフォルニア環境技術証明計画
  カリフォルニアEPA証明計画は、技術開発者、メーカーと販売者が参加している新しくて成熟した環境技術
  の成果の独立した、認められた第三者の評価を提供する奉仕計画である。州の公式証明書を受けるよう
  要求されたものとして、動作が証明される技術、器材および製品。
●州および地域固形廃棄物管理局協会(ASTSWMO)
  州危険廃棄物計画、危なくない地方自治体固形廃棄物と産業廃棄物計画、循環/低減/削減計画、スーパー
  ファンド/浄化計画、地下貯蔵タンクと漏れている地下貯蔵タンク計画に関する情報。
●海軍環境リーダーシップ計画(NELP)
  NELPは、海軍飛行場北島、コロナード、カリフォルニア、マイポート海軍補給地、ジャクソンビル、フロリダ
  で浄化と順応を促進しようとしている。これらの基地は、海軍環境管理計画の一部として識別、開発、試験、
  実行、評価と新しい先行技術および実施が成功した適用例の輸出との改善のために原型として用いられる。
●共同体のための技術範囲(TOSC)
  TOSCは、危険廃棄物現場を彼らの中に含む技術的な問題を理解し、共同体グループを助けるために
  大学の教育および技術資源を扱う。TOSCは、彼らの危険物質問題に関して、意思決定の過程で実質上
  参加するために、共同体に公的権限を与えようとする。


 ホームページにもどる